コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道乗(1) どうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道乗(1) どうじょう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。比叡(ひえい)山の正算にまなび,京都の法性寺(ほっしょうじ)にはいる。夢のなかでひとりの老僧から,道乗がこれまでとなえた膨大な量の経典が,怒りの心がおきると一瞬にしてもえてしまうとの話をきく。以後短気で怒りっぽい自分の性格をあらためたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道乗(1)の関連キーワード天台宗