コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道忠(1) どうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道忠(1) どうちゅう

?-? 奈良-平安時代前期の僧。
律宗。鑑真(がんじん)に師事して持戒第一の弟子と称される。東国をめぐって民衆の教化にあたり,武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)の慈光寺などを創建。延暦(えんりゃく)16年(797)最澄(さいちょう)の要請をうけ一切経五千余巻のうち二千余巻を書写。弟子に円澄,広智などがいる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道忠(1)の関連キーワード律宗

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android