コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道智(1) どうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道智(1) どうち

1217-1269 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)5年生まれ。九条道家の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の道誉に師事。京都禅林寺の住持をつとめ,のち園城寺長吏,大僧正。寛元元年後嵯峨(ごさが)天皇の護持僧となった。文永6年3月3日死去。53歳。通称は狛僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道智(1)の関連キーワード鎌倉時代建保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android