コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道智(2) どうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道智(2) どうち

1542-1640 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)11年3月生まれ。竜造寺隆信の一族牛島隆家の子。養家の有馬姓を称す。天正(てんしょう)20年朝鮮出兵では加藤清正にしたがい,帰国後浄土真宗に帰依。長崎に出,キリシタンの妨害をうけて衰微した仏教の復興をはかる。小笠原一庵の援助をうけ,慶長9年正覚(しょうがく)寺をひらいた。長崎五僧のひとり。寛永17年11月死去。99歳。肥前牛島(佐賀県)出身。道知ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道智(2)の関連キーワードキリシタンピューリタン革命ブラガンサ朝メアリースチュアート徳川家康メアリー・スチュアートメアリスチュアートメアリー・スチュアートダッケの反乱メーリ・ステュアート

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android