コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道路元標 ドウロゲンピョウ

3件 の用語解説(道路元標の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうろ‐げんぴょう〔ダウロゲンペウ〕【道路元標】

道路の起点・終点や主な経過点を表示する標識。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうろげんぴょう【道路元標】

路線の起点・終点または主な経過地を表示する標識。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道路元標
どうろげんぴょう

道路の起点、終点、経過地を標示するための標示物。旧道路法(1919)により各市町村に1個設置することとされ、その位置は知事が定めるものとしていた。ただ、東京市については日本橋の中央と定められていた(日本国道路元標)。1922年(大正11)の内務省令は、その材質について、石材その他の耐久性のものを使用すること、正面に市町村名を記すことを定めるとともに、寸法なども明示していたが、現行の道路法(昭和27年法律180号)では、道路の付属物としているだけで、設置義務、材質、様式などについての定めはない。かつては道路元標からの距離を示す標識として道路の里程標があったが、現在ではそれにかわって地点標が設置されている。イギリスロンドン都心部のチャリング・クロスには、エドワード1世が王妃エレノアの葬列の道路に建立した十字架を再現した塔が立ち、ロンドンからの道路距離を測定する基点となっている。[折田康徳・佐藤英善]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道路元標の関連キーワード終点起点距離標指摘仕手柱常座スコアボード中国路道端よりも

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道路元標の関連情報