コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法律要件 ほうりつようけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法律要件
ほうりつようけん

一定の法律効果を生ずるために必要とされている事実の全体。法は法律関係を規定するにあたり「何々の事実があれば,何々の効果が生じる」といった仮言的判断の形式をとるが,このうちの条件命題において要求されるものが法律要件である。法律要件は数個の事実 (法律事実) が結合したものであるのが一般的であるが,1個の事実の場合もある。たとえば,買う・売るという意思表示の合致により,売買契約という法律要件が成立し,そこから代金請求権と財産権移転の請求権という法律効果が発生することになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうりつ‐ようけん〔ハフリツエウケン〕【法律要件】

一定の権利義務を生じさせるのに必要とされる事実。契約・遺言出生など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうりつようけん【法律要件】

一定の法律効果を発生させる原因。契約・不法行為・善意・悪意・出生・死亡など。要件。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法律要件
ほうりつようけん

権利義務の変動(発生・変更・消滅)により、法律効果を生ずる原因となる生活関係をさす。たとえば「売ります」、「買います」という合意によって、契約という法律関係が生ずる。契約が成立すると、売り主の権利移転義務、買い主の代金支払い義務という法律効果が生ずる。契約の際に「これこれの要件が備わるときは」というときの要件の部分が法律要件にあたる。契約という法律要件は、契約の申込み(たとえば「売ります」)と承諾(「買います」)という双方の意思表示(法律事実)を、また相続という法律要件は人の死亡というできごと(法律事実)を素因としている。[伊藤高義]
『内田貴著『民法 第4版 総則・物権総論』(2008・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

法律要件の関連キーワード遡及効・溯及効共同不法行為遡及・溯及形成の訴え法律行為不法行為強制執行事実認定構成要件違法行為対抗要件占有権将来効遡及効一定善意裁判期間占有

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法律要件の関連情報