法律要件(読み)ほうりつようけん

  • ほうりつようけん ハフリツエウケン
  • ほうりつようけん〔ハフリツエウケン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一定の法律効果を生ずるために必要とされている事実全体。法は法律関係を規定するにあたり「何々の事実があれば,何々の効果が生じる」といった仮言的判断形式をとるが,このうち条件命題において要求されるものが法律要件である。法律要件は数個の事実 (法律事実) が結合したものであるのが一般的であるが,1個の事実の場合もある。たとえば,買う・売るという意思表示合致により,売買契約という法律要件が成立し,そこから代金請求権と財産権移転の請求権という法律効果が発生することになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

一定の法律効果を発生させる原因。契約・不法行為・善意・悪意・出生・死亡など。要件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権利義務の変動(発生・変更・消滅)により、法律効果を生ずる原因となる生活関係をさす。たとえば「売ります」、「買います」という合意によって、契約という法律関係が生ずる。契約が成立すると、売り主の権利移転義務、買い主の代金支払い義務という法律効果が生ずる。契約の際に「これこれの要件が備わるときは」というときの要件の部分が法律要件にあたる。契約という法律要件は、契約の申込み(たとえば「売ります」)と承諾(「買います」)という双方の意思表示(法律事実)を、また相続という法律要件は人の死亡というできごと(法律事実)を素因としている。[伊藤高義]
『内田貴著『民法 第4版 総則・物権総論』(2008・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一定の法律効果が生ずるために必要とされる事実。契約などのように数個の法律事実の結合から成る場合と、遺言や出生などのように一個の法律事実がそのまま法律要件となる場合とがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法律要件の関連情報