コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠山正瑛 とおやませいえい

2件 の用語解説(遠山正瑛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠山正瑛
とおやませいえい

[生]1906.12.14. 山梨
[没]2004.2.27. 鳥取,鳥取
農学者。1934年京都帝国大学農学部を卒業。1942年鳥取高等農林学校(のちの鳥取大学)教授に就任直後から鳥取砂丘の開発に取り組み,同大学を乾燥地研究の拠点に育て上げた。1972年に鳥取大学を退官後まもなく,中国の内モンゴル自治区を中心に砂地農法による砂漠緑化の技術指導に取り組み始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山正瑛 とおやま-せいえい

1906-2004 昭和-平成時代の園芸学者。
明治39年12月14日生まれ。遠山柾雄(まさお)の父。昭和17年鳥取高農(現鳥取大)教授となり,砂地農法を研究。33年鳥取大砂丘利用研究施設(現乾燥地研究センター)をひらく。47年の退官後,中国の砂漠の緑地化にとりくみ,トングリ砂漠にブドウの近代化モデル園をつくる。平成2年モウス砂漠のポプラ100万本植林キャンペーンをはじめた。5年柾雄とともに吉川英治文化賞。15年マグサイサイ賞。平成16年2月27日死去。97歳。山梨県出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

遠山正瑛の関連キーワード趣味の園芸趣味の園芸ビギナーズ趣味の園芸 やさいの時間浅見与七恩田鉄弥河野通郎菊池秋雄鈴木省三塚本洋太郎山田茂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone