遠山稲子(読み)とおやま いねこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山稲子 とおやま-いねこ

1874-1912 明治時代の歌人。
明治7年生まれ。宮内省御歌所(おうたどころ)寄人(よりゅうど)遠山英一と結婚。鈴木弘恭(ひろやす),高崎正風(まさかぜ)にまなび,明治39年の歌会始めに入選。正風の歌論をあつめた「歌ものがたり」を刊行した。大正元年10月5日死去。39歳。埼玉県出身。旧姓は福木

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android