遠山稲子(読み)とおやま いねこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山稲子 とおやま-いねこ

1874-1912 明治時代の歌人。
明治7年生まれ。宮内省御歌所(おうたどころ)寄人(よりゅうど)遠山英一と結婚。鈴木弘恭(ひろやす),高崎正風(まさかぜ)にまなび,明治39年の歌会始めに入選。正風の歌論をあつめた「歌ものがたり」を刊行した。大正元年10月5日死去。39歳。埼玉県出身。旧姓は福木

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android