遠藤波津子(読み)えんどう・はつこ

朝日日本歴史人物事典の解説

遠藤波津子

没年:昭和8.6.2(1933)
生年:文久2.5.8(1862.6.5)
洋式美容室第1号を開いた美容家。相模国足柄郡土肥郷(神奈川県湯河原町)に生まれる。旧姓富岡ハツ。遠藤芳之助と結婚し,旅館業を営む。明治38(1905)年,アメリカ式美顔術を導入して店を開き,初代遠藤波津子となる。以後美容全般にわたり事業を拡大,東京婦人美容協会初代会長を務めた。『化粧と着付』などの著書がある。<参考文献>遠藤波津子『遠藤波津子の世界 婚礼衣裳』

(中嶌邦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の遠藤波津子の言及

【美容】より

…これらの美容業が正業として認められるようになったのは,1901年の警視庁令〈理髪営業取締規則〉の対象になってからで,理髪は理容と結髪(美容)を含んでいた。美顔術をうたった今日のような美容院を東京で開業したのは,05年遠藤波津子が最初といわれている。また,明治40年前後には《衛生美容術》や《美容と化粧》などの美容書が出版されていることなどを併せ考えると,この時期から急速に洋風の美容が普及したことがうかがわれる。…

※「遠藤波津子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android