コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適マーク てきマーク

3件 の用語解説(適マークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

適マーク
てきマーク

防火基準適合表示制度に基づく防火安全のシンボルマーク。1981年設置,2003年廃止。一定規模以上の旅館・ホテル,劇場,公会堂百貨店といった不特定多数の人が出入りする施設物(防火対象物)を審査し,基準に適合した場合に交付された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てき‐マーク【適マーク】

防火基準適合表示制度により消防機関から一定の防火基準に適合していると認められた建物に交付・表示されたマーク防火対象物定期点検報告制度による防火基準点検済証防火優良認定証(防火セイフティーマーク)および自主点検報告表示制度による防火自主点検済証新適マーク)の導入に伴い、平成15年(2003)に廃止された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てきマーク【適マーク】

防火基準適合表示の通称。ホテルやホールなど、多数の人が集まる施設で、防火体制や設備が整備されていると判断される場合に消防署が交付するマーク。1981年(昭和56)から実施。丸適マーク。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

適マークの関連情報