適マーク(読み)てきマーク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

適マーク
てきマーク

防火基準適合表示制度に基づく防火安全のシンボルマーク。1981年設置,2003年廃止。一定規模以上の旅館・ホテル,劇場,公会堂,百貨店といった不特定多数の人が出入りする施設物(防火対象物)を審査し,基準に適合した場合に交付された。審査点は防火管理者の選任や消防訓練などの管理,消防法に定められた消防用設備や火災報知器の設置,建築基準法の遵守など。防火安全に対する意識を高めると同時に,消費者への防火情報の提供を目的とした。2002年の消防法の大幅な改正に伴い,防火対象物定期点検報告制度が導入されたため,2006年までは「暫定適マーク」が適用され,その後「防火セイフティーマーク」(防火優良認定証防火基準点検済証),「新適マーク」(防火自主点検済証)の表示に代わった。(→防火

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てき‐マーク【適マーク】

防火基準適合表示制度により消防機関から一定の防火基準に適合していると認められた建物に交付・表示されたマーク。防火対象物定期点検報告制度による防火基準点検済証防火優良認定証(防火セイフティーマーク)および自主点検報告表示制度による防火自主点検済証(新適マーク)の導入に伴い、平成15年(2003)に廃止された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきマーク【適マーク】

防火基準適合表示の通称。ホテルやホールなど、多数の人が集まる施設で、防火体制や設備が整備されていると判断される場合に消防署が交付するマーク。1981年(昭和56)から実施。丸適マーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

適マークの関連情報