コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適格機関投資家 テキカクキカントウシカ

投資信託の用語集の解説

適格機関投資家


金融商品取引法第2条3項1号において規定されている、「有価証券に対する投資に係る専門的知識および経験を有する者として内閣府令で定める者」のこと。具体的には証券会社、外国証券会社の支店、投資信託委託業者、銀行、保険会社、信用金庫信金中央金庫労働金庫と連合会、農林中金商工中金信用組合と連合会、信連共済連、農協と漁協の各一部、投資顧問会社、年金資金運用基金等が適格機関投資家として定められている。

出典|(社)投資信託協会投資信託の用語集について | 情報

適格機関投資家の関連キーワードプロ向けファンド私募債ファンド有価証券届出書上海証券取引所募集・売出し特定投資家匿名組合私募増資店頭取引私募債募集公募

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

適格機関投資家の関連情報