コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那波利貞 なばとしさだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那波利貞
なばとしさだ

[生]1890.8.1. 徳島
[没]1970.10.20. 京都
東洋史学者。号は誠軒。唐代中国文化史,ことに敦煌文書の研究で著名である。 1915年京都大学文科大学史学科を卒業。 28年京都大学文学部講師,29年助教授,38年教授となる。 53年京都女子大学教授。著書はないが,論文は多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那波利貞 なば-としさだ

1890-1970 大正-昭和時代の東洋史学者。
明治23年8月1日生まれ。フランスに留学,ペリオ収集の敦煌(とんこう)文書を写録して研究。昭和13年母校京都帝大の教授。京大史学研究会の雑誌「史林」「歴史と地理」の編集にあたる。のち京都女子大教授。昭和45年10月20日死去。80歳。徳島県出身。著作に「唐代社会文化史研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

那波利貞の関連キーワード黒人問題鉄鋼業映画理論ドイツ映画自動車工業朝鮮映画チェコ文学女性誌ビゴー明治維新