敦煌学(読み)とんこうがく(英語表記)Dūn huáng xué

世界大百科事典 第2版の解説

とんこうがく【敦煌学 Dūn huáng xué】

中国,敦煌莫高窟(千仏洞)から発見された古文献を研究する学問。千仏洞の壁画,彫塑の研究を含めることもある。1900年(光緒26),道士王円籙が第17窟に蔵されていたおびただしい古写本,古文書,絵画類を発見した。当初はほとんど関心を呼ばなかったが,07年にイギリス探検隊のスタイン,08年にフランスのペリオが,それぞれ大量に買い取って本国へ持ち帰ったことから,世界の学界の注目を集めるようになった。10年に清国政府は残余の漢文文献を北京に運ばせたが,その後に訪れた大谷探検隊,ロシアのオルデンブルグ,第3次探検のスタインは,さらに若干点を取得した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android