コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦煌学 とんこうがくDūn huáng xué

世界大百科事典 第2版の解説

とんこうがく【敦煌学 Dūn huáng xué】

中国,敦煌莫高窟(千仏洞)から発見された古文献を研究する学問。千仏洞の壁画,彫塑の研究を含めることもある。1900年(光緒26),道士王円籙が第17窟に封蔵されていたおびただしい古写本,古文書,絵画類を発見した。当初はほとんど関心を呼ばなかったが,07年にイギリス探検隊のスタイン,08年にフランスのペリオが,それぞれ大量に買い取って本国へ持ち帰ったことから,世界の学界の注目を集めるようになった。10年に清国政府は残余の漢文文献を北京に運ばせたが,その後に訪れた大谷探検隊,ロシアのオルデンブルグ,第3次探検のスタインは,さらに若干点を取得した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

敦煌学の関連キーワード神田 喜一郎矢吹 慶輝那波 利貞古文書学敦煌文書羅振玉敦煌

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android