コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那津 なのつ

世界大百科事典 第2版の解説

なのつ【那津】

古代,儺県(なのあがた)にあった港。娜大津(なのおおつ)ともいう。福岡市の那珂川の河口にあったと推定される。《日本書紀》にその名がみられるが,《続日本紀》では博多大津(博多津)とあって,那津と同じかどうかは検討を要する。《日本書紀》宣化紀に官家(みやけ)を那津のほとりに造ったとあり,斉明7年(661)には,百済救援のため娜大津に至るが,近くの磐瀬行宮(いわせのかりみや)に滞在して,津の名称を長津(ながつ)と改めるとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の那津の言及

【九州地方】より

…3世紀の《魏志倭人伝》に見える邪馬台国は,北九州にあったという有力な説もある。7~9世紀にかけ,九州の那津(なのつ)(現,福岡県)や坊津(ぼうのつ)(現,鹿児島県)から大陸へ渡航した遣唐使らは,日本に高度の文化を伝えた。13世紀には,元の大軍が来攻(元寇)したが,当時築いた石築地の一部は現在も博多の海岸に残っている。…

【港湾】より

…《日本書紀》には崇神天皇が〈船は国の要用なり〉と勅したとあり,また《古事記》には仁徳天皇のとき住之江(現,大阪市)に津を定むとある。記紀の記述の真偽はともかく,大宰府の外港として那津(なのつ)(現,博多港),畿内の門戸として難波津(なにわづ)(現,大阪市上町台地周辺)が開かれ,さらに瀬戸内海の沿岸にいくつかの泊が整備され,これらを重要交通軸として国の内外の交流が盛んに行われ,日本の国が形成されていったことは確かである。 古代の海運は手こぎが主で,後に帆を併用するようになったといわれる。…

【筑前国】より

…古墳時代にも嘉穂郡の王塚や鞍手郡の竹原などの装飾古墳に見られるような独自の文化が発達し,宗像郡の沖ノ島遺跡は海上交通にかかる祭祀遺跡として有名である。対外交渉が頻繁になるにつれて当国はその重要性を増し,536年那津(なのつ)(福岡市)に官家(みやけ)が修造され,7世紀初頭にはその長官とみられる筑紫大宰(つくしのおおみこともち)が出現した。百済支援のため西征した斉明天皇は朝倉宮(朝倉郡)で没したが,那津は支援軍の発進基地であった。…

【博多】より

…筑前国の港町(現,福岡市博多区)。
[古代・中世]
 古くは那津(なのつ),那大津(なのおおつ)と呼ばれ,8世紀中ごろから博多と称され,中世には石城(せきじよう),冷泉津とも別称された。当初は大宰博多津として,大宰府の外港的役割をはたした。…

※「那津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

那津の関連キーワード3党合意と近いうち解散公明党と安全保障奴国(なこく)太宰府[市]南さつま市筑紫香椎宮坊津[町]福岡[市]福岡(市)福岡(県)大宰府跡比恵遺跡鴻臚館跡宣化天皇筑前国公明党博多湾大宰府那大津水運

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那津の関連情報