那須塩原市(読み)なすしおばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那須塩原〔市〕
なすしおばら

栃木県北部,那須野原の北西一帯を占める市。西部は山岳部となっており,北部を那珂川,南部を箒川が流れる。2005年黒磯市,西那須野町,塩原町の 1市2町が合体。那須野原は 1885年に那須疏水が開通し畑作中心の地域となったが,第2次世界大戦後は水田地帯に変わった。食品工業,電気機械工業などが行なわれる。那珂川上流には古来湯治場として有名な板室温泉,箒川上流には塩原温泉郷があり観光地として有名。市域の一部は日光国立公園に属する。JR東北本線,国道4号線,400号線,東北新幹線東北自動車道が通る。面積 592.74km2。人口 11万7146(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那須塩原市の関連情報