コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒磯 くろいそ

3件 の用語解説(黒磯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒磯
くろいそ

栃木県北部,那須塩原市北東部の旧市域。那須野原から帝釈山地東部に広がる。 1955年黒磯町 (1911年町制) と鍋掛村,東那須野村,高林村の3村が合体し,1970年市制。 2005年西那須野町,塩原町と合体して那須塩原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろいそ【黒磯】

栃木県北東部にあった市。那須温泉郷入り口。平成17年(2005)に西那須野町、塩原町と合併して那須塩原市となる。→那須塩原

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒磯
くろいそ

栃木県北部にあった旧市名。現在は那須(なす)塩原市の北から東部を占める一地区。旧黒磯市は1912年(明治45)町制施行。1955年(昭和30)鍋掛(なべかけ)村、東那須野村、高林村の3村と合併、1970年市制施行。2005年(平成17)那須郡西那須野町、塩原町と合併、那須塩原市となった。JR東北本線(宇都宮線)、東北新幹線と、国道4号が通じる。東北自動車道の黒磯板室(いたむろ)インターチェンジがある。那須扇状地は明治以後の那須疏水(そすい)の開削によって成立した開拓集落からなり、経営耕地に恵まれ、酪農、畑作中心の経営に特色がある。第二次世界大戦後、電気揚水によって開田も急速に進んだ。工業はタイヤ製造業が多い。旧市の中心黒磯は、1886年(明治19)東北本線の黒磯駅設置後、駅前に成立した集落であり、周辺の開拓集落に対する中心地として、また那須温泉郷への玄関口として発展してきた。北部には板室温泉があり、三斗小屋(さんどごや)温泉も飛び地ながら旧黒磯市内に入っている。百村本田(もむらほんでん)には百堂念仏舞(国指定選択無形民俗文化財)が伝わる。[櫻井明久]
『『黒磯市誌』(1980・黒磯市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒磯の関連キーワード栃木県那須塩原市青木栃木県那須塩原市北赤田栃木県那須塩原市北弥六栃木県那須塩原市北和田栃木県那須塩原市埼玉栃木県那須塩原市関谷栃木県那須塩原市中塩原栃木県那須塩原市三島栃木県那須塩原市睦栃木県那須塩原市百村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒磯の関連情報