コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒磯 くろいそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒磯
くろいそ

栃木県北部,那須塩原市北東部の旧市域。那須野原から帝釈山地東部に広がる。 1955年黒磯町 (1911年町制) と鍋掛村,東那須野村,高林村の3村が合体し,1970年市制。 2005年西那須野町,塩原町と合体して那須塩原市となった。中心市街地の黒磯は那須野原の東部,那珂川の右岸にあり,従来の木材加工,食品工業に加え,1962年以降各種タイヤの生産も行なわれている。山麓地帯は林業を中心とし,開墾地では果樹,野菜の栽培のほか,酪農も行なわれる。那須野原は畑作を主としていたが,第2次世界大戦後地下水利用により水田が増加した。深山ダムと沼原池の間には沼原揚水発電所 (最大出力 67.5万 kW) がある。那珂川上流には,古来湯治場として有名な板室温泉がある。愛宕神社の百堂念仏舞は民俗芸能として知られる。一部は日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒磯
くろいそ

栃木県北部にあった旧市名。現在は那須(なす)塩原市の北から東部を占める一地区。旧黒磯市は1912年(明治45)町制施行。1955年(昭和30)鍋掛(なべかけ)村、東那須野村、高林村の3村と合併、1970年市制施行。2005年(平成17)那須郡西那須野町、塩原町と合併、那須塩原市となった。JR東北本線(宇都宮線)、東北新幹線と、国道4号が通じる。東北自動車道の黒磯板室(いたむろ)インターチェンジがある。那須扇状地は明治以後の那須疏水(そすい)の開削によって成立した開拓集落からなり、経営耕地に恵まれ、酪農、畑作中心の経営に特色がある。第二次世界大戦後、電気揚水によって開田も急速に進んだ。工業はタイヤ製造業が多い。旧市の中心黒磯は、1886年(明治19)東北本線の黒磯駅設置後、駅前に成立した集落であり、周辺の開拓集落に対する中心地として、また那須温泉郷への玄関口として発展してきた。北部には板室温泉があり、三斗小屋(さんどごや)温泉も飛び地ながら旧黒磯市内に入っている。百村本田(もむらほんでん)には百堂念仏舞(国指定選択無形民俗文化財)が伝わる。[櫻井明久]
『『黒磯市誌』(1980・黒磯市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒磯の関連情報