コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須藩 なすはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那須藩
なすはん

江戸時代,下野国 (栃木県) 那須郡を領有した藩。藩主那須氏は豊臣秀吉に仕えたが,関ヶ原の戦いのとき那須資景が徳川家康に仕え,慶長 11 (1606) 年には1万 4000石を領有した。その後除封され,寛文4 (64) 年再封,1万 2000石となり,天和1 (81) 年 8000石加封され,同国烏山へ移封。廃藩,のち天領となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那須藩
なすはん

江戸時代前半期に下野(しもつけ)国那須郡福原(ふくはら)(栃木県大田原市福原)に置かれた小藩。中世以来の豪族那須氏は1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉により改易されたが、その後、那須郡福原を中心に1万4000石を与えられて那須藩が成立した。1642年(寛永19)無嗣(むし)により大半の所領を没収されて一時廃藩となったが、52年(承応1)将軍徳川家綱(いえつな)生母の弟増山資弥(ましやますけみつ)が那須家を継ぎ、64年(寛文4)1万2000石の那須藩が復活した。81年(天和1)には加増され同国内の烏山(からすやま)城に移ったため廃藩となる。[奥田謙一]
『『大田原市史 前編』(1975・大田原市) ▽『栃木県史 通史編4 近世一』(1981・栃木県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

那須藩の関連キーワード那須資弥

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android