コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邦世親王 くによしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邦世親王 くによしんのう

1322-1365 南北朝時代,邦良(くによし)親王の王子。
元亨(げんこう)2年生まれ。後二条天皇の孫。延文2=正平(しょうへい)12年後光厳(ごこうごん)天皇の猶子となり,36歳で親王となる。無品(むほん)で兵部卿とも,三品(さんぼん)で式部卿ともいわれる。貞治(じょうじ)4=正平20年4月19日死去。44歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

邦世親王の関連キーワード南北朝時代元亨

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android