コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡中惣 ぐんちゅうそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郡中惣
ぐんちゅうそう

戦国時代に出現した在地領主層(国人(こくじん)、小領主)の地域的結合体の連合の一種で、ほぼ郡規模で成立したもの。対外的危機への対処と同時に、百姓などに対する在地支配を目的とする。その代表的事例である近江(おうみ)国(滋賀県)甲賀(こうが)郡中惣の場合、地頭職、荘官(しょうかん)職に基づく所領をもち、加地子得分(かじしとくぶん)権を集積していた在地領主層が、戦国期になると一族や被官を中心に「同名(どうみょう)中」を結び、さらに近隣の同名中相互で、たとえば山中(やまなか)・伴(ばん)・美濃部(みのべ)3氏の「三方(さんぼう)」のような連合を形成するようになっていた。郡中惣はこのようなより小規模の一揆(いっき)的結合を前提、中核として、それらが連合することによって、戦国期の緊迫した政治状況下で結成されたものである。これらの一揆結合は、単に軍事的同盟というだけでなく、独自の法や裁判制度によって、村落・百姓支配を行い、相互の平和を維持する組織であったことが、同名中や三方の掟書(おきてがき)、あるいは在地紛争の内部的解決を示す裁定状などからわかる。また甲賀郡中惣は、隣接して自らと同様な構成をもつ伊賀惣国(いがそうこく)一揆と同盟関係にあったことが知られる。このような在地領主層の地域的連合は、大和(やまと)国(奈良県)宇陀(うだ)郡の沢(さわ)・秋山(あきやま)・芳野(よしの)氏らが結んだ郡内(ぐんない)一揆など、畿内(きない)近国の例が多く知られているが、肥後(熊本県)の求摩(くま)・芦北(あしきた)・八代(やつしろ)3郡でも、相良(さがら)氏権力を規制する郡単位の老者(おとな)を代表とする組織の存在が指摘されている。したがって郡中惣は、上級権力や下部村落との関係などで地域的多様性・特色をもちながらも、戦国期、広範囲に存在したものと考えられる。[久留島典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郡中惣の言及

【甲賀郡中惣】より

…郡内には甲賀53家と総称される地侍土豪が群居した。彼らは同名惣と称する同姓集団を基礎に団結していたが,それが小地域的に連合して伴,山中,美濃部3氏による柏木三方惣のような小地域連合をもち,さらにそれを1郡規模に拡大したのが甲賀郡中惣である。その存在が史料的に確認できるのは山中文書の1571年(元亀2)の〈郡中惣意見条々案〉をさかのぼらないが,隣接する伊賀惣国一揆と密接に連携していたことから類推すれば,1562年(永禄5)以前にすでに確立していたと考えねばならない。…

※「郡中惣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郡中惣の関連キーワード戦国時代(日本)甲賀郡中惣遺跡群伊賀惣国一揆甲賀郡中惣相良氏法度冨田才治土屋邦敬郡中惣代同名惣甲賀流

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android