コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都太夫一中(5世) みやこだゆういっちゅう[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都太夫一中(5世)
みやこだゆういっちゅう[ごせい]

[生]宝暦10(1760)
[没]文政5(1822).7.5. 江戸
一中節家元。都一中とも呼ばれる。前名は吾妻路宮古太夫天明1 (1781) 年に上方より下り,寛政4 (1792) 年みずから5世都太夫一中と称して江戸の中村座に通い『傾城浅間嶽』を語ったが不評。河東節の三弦方,3世山彦新次郎 (のち1世菅野序遊 ) と結び,一中節を再興。古典の復活と新曲づくりに努めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

都太夫一中(5世)の関連キーワード文政

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android