コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都太夫一中(5世) みやこだゆういっちゅうごせい

1件 の用語解説(都太夫一中(5世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都太夫一中(5世)
みやこだゆういっちゅうごせい

[生]宝暦10(1760)
[没]文政5(1822).7.5. 江戸
一中節の家元。都一中とも呼ばれる。前名は吾妻路宮古太夫。天明1 (1781) 年に上方より下り,寛政4 (1792) 年みずから5世都太夫一中と称して江戸の中村座に通い『傾城浅間嶽』を語ったが不評。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

都太夫一中(5世)の関連キーワード山県周南前古典派音楽COE十勝川西長いもすみだ北斎美術館北斎とすみだ北斎美術館石原正明葛飾北斎解脱志筑忠雄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone