菅野序遊(1世)(読み)すがのじょゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅野序遊(1世)
すがのじょゆう[いっせい]

[生]宝暦6(1756).江戸
[没]文政6(1823).12.12. 江戸
一中節菅野派の家元。もと河東節の三味線弾き3世山彦新次郎。5世都太夫一中の浄瑠璃に感激して一中節に転じたという。箏曲と義太夫節にもすぐれていたと伝えられる。5世都太夫一中に協力して 40曲に近い新曲の作曲と,古曲の復活に努力した。一中節中興の祖。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android