コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田節 くろだぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒田節
くろだぶし

九州福岡地方で歌われる民謡黒田藩の家臣母里 (もり) 太兵衛が,秀吉の臣福島正則の面前で,禁を破って酒を飲み,名槍日本丸をもらい受けたときの歌であるといわれる。旧黒田藩で歌われていたが,全国的に有名。雅楽越天楽 (えてんらく) の旋律で歌うため,越天楽今様とか筑前今様と呼ばれることもある。初め無伴奏で歌ったが,のちに三味線や箏などを伴って歌うようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

黒田節【くろだぶし】

福岡県の民謡。旧黒田藩の武士たちが宴席などで歌っていたのが一般に普及した。古くは〈筑前今様〉と呼ばれ,《越天楽今様》の旋律から出ているが,明治以後都節音階に変わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろだぶし【黒田節】

福岡県の民謡。もと《筑前今様》といった。《黒田節》と改称されたのは1928年のラジオ放送からという。今様形式の歌詞を黒田藩士が競作し,雅楽《越天楽(えてんらく)》の旋律を借用して歌ったのに始まる。小田原攻めの功績で福島正則が豊臣秀吉から拝領した名槍を,藩士母里(もり)太兵衛が大杯で酒を飲みほしたほうびとして正則から得たという故事による歌詞〈酒は飲め飲め〉がよく知られる。43年赤坂小梅がレコードに吹き込んで全国に流行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くろだぶし【黒田節】

福岡県の民謡で、酒盛り唄。もと黒田藩の武士たちが今様形式(七五調四句)の歌詞を作り、雅楽「越天楽えてんらく」の節で唄ったもの。1943年(昭和18)全国的に流行。筑前今様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒田節
くろだぶし

福岡県福岡市の民謡。同地方で酒席の酒盛り唄(うた)として歌われてきたもので、本来は「筑前今様(ちくぜんいまよう)」とよばれていた。「今様」とは「今めかしき当世風の歌」という意味。江戸時代後期に、諸国で、国文学者が七五調を4回繰り返す48韻の今様形式で作詩する遊びが流行した。そのおり、筑前国黒田藩でも二川相近(ふたがわすけちか)という儒学者が、1822年(文政5)に56歳を記念して56首の歌詞を藩主黒田斉清(なりきよ)に献上した。ところが藩主も28歳の若さながらこれに熱中、ついには武術指南役の吉富某が雅楽『越天楽(えてんらく)』の曲にのせて歌い始めた。そうしたなかで藩士の高井知定が、「飲め飲め酒を 飲み込みて 日(ひ)の本(もと)一のその槍(やり)を 取りこすほどに飲むならば これぞまことの黒田武士」とつくった。かつて黒田二十五騎の一人として名声をはせた母里(もり)太兵衛が、福島正則(まさのり)から、1590年(天正18)の小田原城攻めの手柄に豊臣(とよとみ)秀吉より賜った名槍(めいそう)「日本号」を賭(か)けて飲みとった故事をもとにしたもので、これがしだいに広まって、酒席の唄になっていった。その後、1928年(昭和3)NHKがこの唄を放送するにあたり、しまいの文句をもじって『黒田節』とし、1943年赤坂小梅によってレコード化され、日本中に広まった。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒田節の言及

【越殿楽】より

…黄鐘調に渡された年代は不明。平調の旋律は,平安時代に好まれたらしく,それに詞章を当てはめた〈越天楽歌物(うたいもの)〉も生まれ,〈越天楽今様〉として残されて福岡県の《黒田節》はその民謡化した例で《筑前今様》ともいう。箏曲の組歌は,寺院歌謡として伝承された越天楽歌物が源流と認められる。…

※「黒田節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒田節の関連キーワード赤坂 小梅母里太兵衛Se.N中藪昭成黒田武士福岡県踊らす越殿楽七五調

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田節の関連情報