都野津(読み)つのづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都野津
つのづ

島根県中部,江津市の日本海にのぞむ集落。旧町名。 1954年近隣町村と合体して江津市となる。海岸は柿本人麻呂が歌に詠んだ角ノ浦 (つののうら) で,現在はブドウ園が広がっている。良質の陶土を産し,石州瓦製造の中心地。行商で知られる都野津商人の根拠地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都野津
つのづ

島根県中北部、江津(ごうつ)市の一地区。旧都野津町。日本海の砂丘地帯に位置する。江戸後期から明治期にかけて呉服、衣類行商で中国地方一円に商圏を広げた都野津商人の出身地として知られる。鮮新世後期から洪積世前期に堆積(たいせき)した都野津層の粘土層は瓦(かわら)粘土に利用され石見(いわみ)瓦を特産する。国道9号が通じ、JR山陰本線都野津駅がある。柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)を祀(まつ)る柿本神社、石見二の宮と称された多鳩(たばと)神社がある。[石橋忠男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android