コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒造り唄 サケヅクリウタ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

酒造り唄

酒造工程で唄われる作業唄の総称。「桶洗い唄」、「米とぎ唄」、「もと(もと)すり唄」、「仕込み唄」など工程ごとにつく。水や蒸し米を入れた木桶を担いで運ぶ際、数を確認する「数番唄」、旅の道中を歌詞に込めた「道中唄」もある。杜氏集団の出身地別に流派があり、唄の種類や呼び名、歌詞、節回しが異なる。

(2010-04-23 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

さけづくりうた【酒造り唄】

酒を造る工程で唄われる仕事唄の総称。米搗き唄・桶おけ洗い唄・米とぎ唄・酛摺もとすり唄・仕込み唄などがある。酒屋唄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒造り唄
さけづくりうた

日本民謡分類上、仕事唄のなかの一種目で、日本酒の醸造工程で歌われる唄の総称。工程順に唄が異なる。まず、仕込み桶(おけ)などを熱湯消毒しながら洗うおりに歌う「桶洗い唄」(「流し唄」ともいう)。米を精白するおりに歌う「米つき唄」。米を水洗いするおりに歌う「米とぎ唄」。釣瓶(つるべ)で井戸から水を汲(く)み出すおりに歌う「水釣り唄」。蒸した米を発酵させるための微生物酒母(しゅぼ)を繁殖させる(もと)を仕込むおりに歌う「(もとす)り唄」がある。それが終わると、いよいよに蒸し米と水を加えて糖化発酵させることで醪(もろみ)造りの仕込みが始まり、これは初添(はつぞえ)、仲添(なかぞえ)、留添(とめぞえ)の3段階で順次分量を増やしていくが、このときの「仕込み唄」は、土地により、酒蔵によって種々の名称があり、「風呂(ふろ)上り唄」「三本櫂(かい)唄」「添え突き唄」「仕舞いの唄」などという。そして一般に「酒屋唄」とよぶときは「摺り唄」をさす場合が多い。これら酒造り唄は、酒蔵へ出入りする杜氏(とうじ)の故郷の農作業唄か、酒蔵周辺の農作業唄が転用されたものが大部分を占めている。なお杜氏を大別すると、「南部杜氏」「越後(えちご)杜氏」「丹波(たんば)杜氏」の三つの系統があり、唄のほうもその3系統のなかではそれぞれほぼ共通である。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酒造り唄の関連キーワードこうじもろみ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android