コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒造り唄 サケヅクリウタ

4件 の用語解説(酒造り唄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さけづくり‐うた【酒造り唄】

民謡で、造り酒屋で働く人たちがうたう仕事歌。桶洗い・米とぎ・麹(こうじ)つくり・醪(もろみ)の仕込みなどのそれぞれの工程でうたわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

酒造り唄

酒造工程で唄われる作業唄の総称。「桶洗い唄」、「米とぎ唄」、「もと(もと)すり唄」、「仕込み唄」など工程ごとにつく。水や蒸し米を入れた木桶を担いで運ぶ際、数を確認する「数番唄」、旅の道中を歌詞に込めた「道中唄」もある。杜氏集団の出身地別に流派があり、唄の種類や呼び名、歌詞、節回しが異なる。

(2010-04-23 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さけづくりうた【酒造り唄】

酒を造る工程で唄われる仕事唄の総称。米搗き唄・桶おけ洗い唄・米とぎ唄・酛摺もとすり唄・仕込み唄などがある。酒屋唄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒造り唄
さけづくりうた

日本民謡分類上、仕事唄のなかの一種目で、日本酒の醸造工程で歌われる唄の総称。工程順に唄が異なる。まず、仕込み桶(おけ)などを熱湯消毒しながら洗うおりに歌う「桶洗い唄」(「流し唄」ともいう)。米を精白するおりに歌う「米つき唄」。米を水洗いするおりに歌う「米とぎ唄」。釣瓶(つるべ)で井戸から水を汲(く)み出すおりに歌う「水釣り唄」。蒸した米を発酵させるための微生物酒母(しゅぼ)を繁殖させる(もと)を仕込むおりに歌う「(もとす)り唄」がある。それが終わると、いよいよに蒸し米と水を加えて糖化発酵させることで醪(もろみ)造りの仕込みが始まり、これは初添(はつぞえ)、仲添(なかぞえ)、留添(とめぞえ)の3段階で順次分量を増やしていくが、このときの「仕込み唄」は、土地により、酒蔵によって種々の名称があり、「風呂(ふろ)上り唄」「三本櫂(かい)唄」「添え突き唄」「仕舞いの唄」などという。そして一般に「酒屋唄」とよぶときは「摺り唄」をさす場合が多い。これら酒造り唄は、酒蔵へ出入りする杜氏(とうじ)の故郷の農作業唄か、酒蔵周辺の農作業唄が転用されたものが大部分を占めている。なお杜氏を大別すると、「南部杜氏」「越後(えちご)杜氏」「丹波(たんば)杜氏」の三つの系統があり、唄のほうもその3系統のなかではそれぞれほぼ共通である。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒造り唄の関連キーワード上流工程工具型打ち作業工程炭化法突貫作業床張り荒煮釜高熱作業酒造歌

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酒造り唄の関連情報