コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸イミド さんイミドacid imide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸イミド
さんイミド
acid imide

フタルイミドのように1個の窒素原子に,二塩基酸の2個のアシル基が結合した環式化合物を特に酸イミドという。この NH の水素原子は無水溶媒中でカリウム原子と置換できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐イミド【酸イミド】

イミド

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんイミド【酸イミド acid imide】

アンモニアNH3の水素原子2個をアシル基RCO-で置換した化合物の総称で,単にイミドimideともいう。イミノ基NHをもつアミド(酸アミド)であることから,この名がつけられた。ふつう,ジカルボン酸から誘導される環状のものだけを指し,鎖状の第二アミドと区別することが多い。命名は,相当するカルボン酸の翻訳名の後に〈イミド〉を続けるか,酸の英語名の接尾語〈‐ic acid〉を〈‐imide〉に変えた英語名の音訳を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の酸イミドの言及

【酸アミド】より

… RCONH2   第一アミド (RCO)2NH  第二アミド (RCO)3N   第三アミド第一アミドのアミノ基の水素原子を1個または2個の炭化水素基で置換したものが多数見いだされており,これらはN‐置換アミドと呼ばれる。また,イミノ基NHをもつ第二アミドのうち,ジカルボン酸から生成する環状化合物をとくに酸イミド(イミド)と呼び他の第二アミドと区別することが多い。β‐,γ‐,δ‐アミノ酸が分子内で縮合環化したものはラクタムと呼ばれる。…

※「酸イミド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酸イミドの関連キーワード無水コハク酸(無水琥珀酸)レムゼンイミン有機酸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android