コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環式化合物 かんしきかごうぶつ cyclic compound

6件 の用語解説(環式化合物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環式化合物
かんしきかごうぶつ
cyclic compound

分子を構成する原子が結合して環状の構造をとっている化合物。有機化合物に多くみられる。環構成原子がすべて炭素から成るものを炭素環式化合物といい,ベンゼンナフタリンシクロヘキサンシクロブタンなどがその例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんしき‐かごうぶつ〔クワンシキクワガフブツ〕【環式化合物】

原子が環状に結合した構造を分子内にもつ化合物。環が炭素原子からなる炭素環式化合物と、環に炭素以外の原子が加わる複素環式化合物とに大別される。また、環を構成する原子の数が五つなら五員環、六つなら六員環のようにいう。環状化合物。環式体。→鎖式化合物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

環式化合物【かんしきかごうぶつ】

分子内で原子が環状に結合している化合物の総称。鎖式化合物に対していう。有機化合物に多く,環状構造が炭素原子だけからなるものを炭素環式化合物,他の原子を含むものを複素環式化合物という。
→関連項目有機化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんしきかごうぶつ【環式化合物 cyclic compound】

環状の骨格をもつ化合物の総称。環式化合物は,環をつくる原子がすべて炭素である炭素環式化合物と,炭素以外の原子を含む複素環式化合物に分類される。さらに炭素環式化合物は,ベンゼン環をもつ芳香族化合物とベンゼン環をもたない脂環式化合物に大別される。シクロヘキサンは脂環式化合物,ベンゼンは芳香族炭素環式化合物であるのに対して,ピリジンは芳香族複素環式化合物である。ピペリジンのように骨格に多重結合をもたない複素環式化合物もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんしきかごうぶつ【環式化合物】

原子が環状に結合した構造を分子内にもつ化合物の総称。有機化合物に多くみられる。シクロヘキサンやベンゼンなど。環状化合物。環式体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環式化合物
かんしきかごうぶつ
cyclic compounds

分子を構成する原子が環状に結合した化合物の総称。環状化合物、環式体ともいう。鎖式(状)化合物に対比される語。主として有機化合物にみられ、環構成原子がすべて同種類のものを同素環式化合物、炭素以外の異原子(ヘテロ原子ともいう)を含むものを複素環式化合物(ヘテロ環式化合物)という。前者の大部分は炭素からなる炭素環式化合物であるが、ペンタゾール誘導体のように窒素のみで環を構成するものも存在する。
 環式化合物は、不飽和度、芳香族性、環の大小、縮合環の数などによって分類される。たとえば炭素環式化合物は、環の構造により、分子内にベンゼン環を含む芳香族化合物と、それ以外の脂環式化合物に分けられる。後者は環式構造をもっているが、性質は鎖式構造の脂肪族化合物に似ているのでこの名がつけられた。
 環構成原子の数nを環の員数といい、nの数に応じて3員環、4員環……などとよぶ。環式化合物の化学的性質は、環の大小により支配される。複素環式化合物には慣用名があり、たとえば3員環エーテルはオキシラン、3員環イミンはアジリジンなどとよばれている。さらに官能基による分類もあり、環状ケトン、環状アミド、ラクトンなどがこの例である。
 近年になって特殊な構造をもつ環式化合物が知られるようになり、化学的性質、用途などの研究が進められている。[向井利夫]
『中川正澄著『構造有機化学』(1977・裳華房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環式化合物の関連キーワードアゾ化合物異節環式化合物スピロ化合物多環式化合物非環式化合物エノール環状化合物脂環式炭化水素オゾニド炭素環式化合物

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone