コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸中毒 さんちゅうどくAcid Poisoning

家庭医学館の解説

さんちゅうどく【酸中毒 Acid Poisoning】

[どんな病気か]
 酸には、塩酸、酢酸(さくさん)、シュウ酸、フッ化水素酸、硫酸(りゅうさん)、ギ酸、硝酸(しょうさん)などがあります。
 中毒事故は、これらを扱う職場でおこることが多いのですが、家庭用のトイレ洗浄剤のなかには、かなりの濃度の酸を含むものがあって、取り扱いを誤ると、中毒事故につながります。
●目に入ったとき
 角膜(かくまく)が損傷を受けることがあります。
 治療 1秒でも早く、大量の水で最低でも15分間は目の中を洗い流し続けます。
 無理なく外せるならば、コンタクトレンズを外します。
 この手当をしても痛みや腫(は)れが治まらないときは、眼科を受診します。
●ガスを吸入したとき
 まもなく肺水腫(はいすいしゅ)が発生します。硝酸の場合は、1~2日後におこります。
 治療 ただちに空気の新鮮な場所に移します。
 呼吸困難があれば酸素吸入が必要になります。気管切開(きかんせっかい)や陽圧人工呼吸が必要になることもあります。
 気管支けいれん、ぜんそくのような喘鳴(ぜんめい)があれば、気管支拡張薬を使用します。
●飲んだとき
 胃が腐食し、穿孔(せんこう)がおこることがあります。穿孔がおこらないと、早ければ3週間目ごろ、ときには数か月~数年後に狭窄(きょうさく)がおこることが少なくありません。
 治療 ぜったいに吐(は)かせてはいけません。吐かせると食道とのどが2度、酸にさらされることになります。
 水、あれば冷たい牛乳をコップ2~3杯飲ませ、酸を中和します。できれば、うがいをして口の中やのどの酸を洗い流します。
 内視鏡の検査の結果、ブジー(棒状の器具)による狭窄部位の拡張や開腹手術が必要になることがあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

酸中毒の関連キーワードシアン化ナトリウムシアン化カリウムシアン化水素酸シュウ酸中毒症シュウ酸中毒シアン化水素チアノーゼ高気圧室毒ガス杏仁水死斑

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android