コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力の虹 ジュウリョクノニジ

2件 の用語解説(重力の虹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうりょくのにじ〔ヂユウリヨクのにじ〕【重力の虹】

《原題Gravity's Rainbowピンチョン長編小説。1973年刊。同年の全米図書賞を受賞したが、授賞式に作者が現れず物議をかもした。ポストモダン文学の代表的作品の一つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重力の虹
じゅうりょくのにじ
Gravity's Rainbow

アメリカの小説家、ピンチョンの代表作であるとともに、20世紀英語圏文学における大作の一つ。1973年刊。歴史の破壊的な力を追った『V.(ブイ)』(1963)が、大戦そのものは象徴的な扱いにとどめているのに対し、圧倒的な事実調査に基づいたこの作品は、V2ロケットの降るロンドンから分割占領下のドイツへ、映画的ともいえるスーパーリアリズムの空間を現出する。と同時に、古代神秘思想から糞便(ふんべん)学までを包容する豪放な想像力で、大戦を、集合的な死を目ざす現代産業システムの本格的な飛翔(ひしょう)の始まりとして描出する。400に近い登場人物が織り成す幾多のプロットの中心には、人間の性感を強烈に刺激する特殊プラスチックを積んだロケットが据えられており、それがピンチョンの百科全書的・パラノイア的語りのなかで、西洋文明の宗教と科学と文学のイデオロギーを吸い上げながら、天への超越を目ざして打ち上げられ、われわれの頭上に落下する仕組みになっている。[佐藤良明]
『越川芳明他訳『重力の虹』全2冊(1993・図書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重力の虹の関連キーワード重力から逃れてヴェロニカ's クローゼットcenter of gravitygravity castinggravity damgravity filtergravity wavehollow gravity damInternational Gravity Standardization NetworkS.S.Kresge Co.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重力の虹の関連情報