コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野々市市 ののいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野々市〔市〕
ののいち

石川県南部,金沢平野の中央部にある市。金沢市と白山市の間にあり,南北に細長い市域を占める。1924年町制,1955年富奥村と合体,1956年郷村の一部を編入,2011年市制。市名は中世以来の地名による。中世は富樫氏の居館が置かれ,加賀北部の中心地であった。江戸時代は北陸街道の宿駅。明治期に全国にさきがけて耕地整理を行ない,加賀米生産の中心地であったが,金沢市に隣接するため中小工場が進出し,都市化が進展した。市街地の近郊では農業が盛んで,金沢への野菜供給地。国の史跡に末松廃寺跡,御経塚遺跡,国の重要文化財に喜多家住宅がある。富樫氏の業績をうたった郷土芸能じょんがら節が知られる。北部を JR北陸本線,西部を北陸鉄道石川線が通り,国道8号線,157号線が通る。面積 13.56km2。人口 5万5099(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ののいち‐し【野々市市】

野々市

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

野々市市の関連キーワード石川県野々市市蓮花寺町石川県野々市市三日市町石川県野々市市二日市町野々市市ふるさと歴史館石川県野々市市菅原町石川県野々市市御経塚石川県野々市市白山町石川県野々市市扇が丘石川県野々市市二日市石川県野々市市住吉町石川県野々市市高橋町石川県野々市市太平寺石川県野々市市横宮町石川県野々市市藤平田石川県野々市市若松町石川県野々市市田尻町石川県野々市市徳用町石川県野々市市三納石川県野々市市新庄石川県野々市市下林

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野々市市の関連情報