コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野々村戒三 ののむらかいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野々村戒三
ののむらかいぞう

[生]1877.9. 大分
[没]1973.11.21. 東京
能楽研究家。号は蘆舟また芥叟。東京大学文学部史学科を卒業。第三高等学校,関西学院,早稲田,立教各大学などで教鞭をとる。キリスト教史を専攻するとともに,能楽研究にも従い,また『読売新聞』などに能評を執筆する。著書には能役者の歴史的研究を中心として『能楽古今記』『世阿弥十六部集』『金春十七部集』『狂言集成』『能楽史話』『能の今昔』『狂言三百五十番集』『能苑日渉』『近畿能楽記』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野々村戒三 ののむら-かいぞう

1877-1973 明治-昭和時代の歴史学者,能楽研究者。
明治10年9月7日生まれ。三高,早大,立大などの教授を歴任。能楽協会顧問などもつとめた。昭和48年11月21日死去。96歳。大分県出身。東京帝大卒。号は蘆舟(ろしゆう),芥叟(かいそう)。著作に「基督(キリスト)教史の研究」「能楽古今記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野々村戒三
ののむらかいぞう
(1877―1973)

歴史学者、能楽研究家。芦舟(ろしゅう)、芥叟(かいそう)と号した。大分県に生まれる。1901年(明治34)東京帝国大学史学科卒業。旧制第三高等学校教授、関西(かんせい)学院文学部長、早稲田(わせだ)第一高等学院院長、早稲田大学教授、立教大学教授などを歴任。キリスト教史および能楽の研究に業績が多く、著編書に『基督(キリスト)教史の研究』『パウロ研究』『狂言集成(共編)』『能楽古今記』『今春(こんぱる)十七部集』『近畿能楽記』『能楽史話』『能の今昔(こんじゃく)』その他がある。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

野々村戒三の関連キーワード浅野栄足昭和時代観世流小林明治

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android