コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野中千代子 のなか ちよこ

2件 の用語解説(野中千代子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野中千代子 のなか-ちよこ

1871-1923 明治-大正時代の女性。
明治4年9月30日生まれ。野中至(いたる)の妻。明治28年10月1日から富士山頂気象観測をしている夫に協力するため10月中旬富士山に登頂。夫妻とも病にかかって,12月22日に下山。山頂日誌が公開され,話題となった。落合直文「高嶺の雪」,新田次郎「芙蓉(ふよう)の人」のモデル。大正12年2月22日死去。53歳。福岡県出身。旧姓は梅津。本名は千代。著作に「芙蓉日記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野中千代子

没年:大正12.2.22(1923)
生年:明治4.9.30(1871.11.12)
明治期に夫の至(本名到)に協力して富士山頂で気象観測を行い,『芙蓉日記』(『報知新聞』連載)を著す。福岡県生まれ。本名千代。能楽師梅津只円・ヤスの子。明治28(1895)年10月1日から富士山頂で越冬の予定で高層気象観測を始めた夫の身を案じ,10月中旬周囲の反対を押し切って登頂。1日12回,2時間おきの観測に専念できるよう夫の身の回りの世話をし,また観測を手伝った。しかしふたりとも寒さと高山病に悩まされ,12月22日人々に説得されやむなく下山。至83日,千代子71日の滞在であった。この観測の記録は,のち落合直文の『高嶺の雪』,新田次郎の『芙蓉の人』などの小説のモデルともなった。なお,富士山頂滞在は現在も夏冬とも1回3週間までと定められており,ふたりの滞在日数はその勇気と忍耐力とともに輝かしい記録として残る。

(梅野淑子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

野中千代子の関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓ギューリック奥健蔵キネマ旬報日活(株)田畑勝手作許可モルガン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone