コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口謙蔵 のぐち けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口謙蔵 のぐち-けんぞう

1901-1944 昭和時代前期の洋画家。
明治34年6月17日生まれ。野口小蘋(しょうひん)の甥(おい)。洋画を黒田清輝,和田英作に,日本画を平福百穂(ひらふく-ひゃくすい)にまなぶ。昭和6年「獲物」,8年「閑庭」,9年「霜の朝」が帝展の特選となる。東光会会員。昭和19年7月5日死去。44歳。滋賀県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android