コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口謙蔵 のぐち けんぞう

2件 の用語解説(野口謙蔵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

野口謙蔵

洋画家。滋賀県生。東美校西洋科で黒田清輝和田英作に師事、また平福百穂の指導をうけ日本画も修めた。帝展審査員・東光会会員。昭和19年(1944)歿、44才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口謙蔵 のぐち-けんぞう

1901-1944 昭和時代前期の洋画家。
明治34年6月17日生まれ。野口小蘋(しょうひん)の甥(おい)。洋画を黒田清輝,和田英作に,日本画を平福百穂(ひらふく-ひゃくすい)にまなぶ。昭和6年「獲物」,8年「閑庭」,9年「霜の朝」が帝展の特選となる。東光会会員。昭和19年7月5日死去。44歳。滋賀県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野口謙蔵の関連キーワード岡精一岡本帰一織田東禹熊岡美彦後藤工志今純三山路商油井夫山渡辺幽香中林僲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone