コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野干/射干 ヤカン

デジタル大辞泉の解説

や‐かん【野干/射干】

中国で伝説上の悪獣の名。キツネに似て小さく、よく木に登り、夜鳴く声がオオカミに似るという。
キツネ別名野狐(やこ)。
「この后は―となって走りうせけるぞおそろしき」〈平家・二〉
能面の一。キツネの顔を表した鬼畜面。「小鍛冶(こかじ)」「殺生石(せっしょうせき)」などの後ジテに用いる。
植物ヒオウギの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やかん【野干】

中国文献や仏典に見える野獣。射干,射杆とも書く。狐に似て狐より小さく,群れをなして夜行する。よく木に登るので猿の一種とみなされることがある。司馬相如の《子虚賦》に,雲夢沢の密林の樹上に射干その他の鳥獣が住んでいることをうたっている。日本では狐の異名として用いられることが多い。妖狐を題材とする謡曲《殺生石》の後シテは,野干の面を着ける。《野干》という曲もあったが,今では廃曲となっている。【谷川 道雄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

野干/射干の関連キーワード人形浄瑠璃恥ぢがはし厳島の本地小鍛冶能面

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android