コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢松之輔 のざわまつのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野沢松之輔
のざわまつのすけ

[生]1902.1.25. 和歌山
[没]1975.1.13.
義太夫節の三味線方。本名西内重男。6世野沢吉兵衛に師事し,1942年松之輔となる。3世豊竹呂太夫,竹本相生太夫らの相三味線をつとめた。『曽根崎心中』『女殺油地獄』ほか多数作曲。 72年重要無形文化財保持者に認定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野沢松之輔 のざわ-まつのすけ

1902-1975 大正-昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
明治35年1月25日生まれ。6代野沢吉兵衛に入門,昭和17年吉左から松之輔に改名。3代竹本春子大夫らの相三味線をつとめる。近松門左衛門の作品をはじめ,多数の曲を復曲,作曲した。29年豊本節を創始。47年人間国宝。昭和50年1月13日死去。72歳。和歌山県出身。本名は西内重男。作曲に「お蝶夫人」「曾根崎心中」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野沢松之輔
のざわまつのすけ
(1902―1975)

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。本名西内重男。1917年(大正6)に文楽(ぶんらく)座入座以来、堅実な芸で3世竹本春子大夫や3世竹本相生(あいおい)大夫の相三味線を勤めた。42年(昭和17)松竹会長白井松次郎から一字を贈られ、初名の吉左を松之輔と改名。作曲に意欲を燃やし、西亭(にしてい)の名で『曽根崎(そねざき)心中』『お蝶(ちょう)夫人』ほか約160曲を残した。72年重要無形文化財保持者に認定。なお54年には「豊本節(とよもとぶし)」を創始し、豊本豊輔を名のった。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野沢松之輔の言及

【竜虎】より

…作詞大野恵造。作曲野沢松之輔。振付坂東三津之丞。…

※「野沢松之輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

野沢松之輔の関連キーワード[各個指定]芸能部門竹本春子大夫(3世)昭和時代楢山節考浄瑠璃

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android