コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白眼 シロマナコ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐まなこ【白眼】

しろめの多い、にらむような
「カツ子の―に一滴の血のしたたりを見た気がして」〈嘉村・秋立つまで〉

はく‐がん【白眼】

目の白い部分。しろめ。
《晋の阮籍(げんせき)が、気にいらない人には白で対したという「晋書阮籍伝の故事から》冷たい目つき。⇔青眼

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さめ【白眼】

毛の白い牛や馬。また、両眼の縁の毛の白い牛馬。 「 -なる馬い乗つたる武者は/浄瑠璃・頼光跡目論」

はくがん【白眼】

しろめ。
〔「晋書阮籍伝」より。阮籍が好ましくない客には白眼で対し、好ましい客は青眼で迎えたという故事から〕 冷淡な目つき。 ↔ 青眼

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の白眼の言及

【強膜】より

角膜とともに眼球の外壁を構成する強靱(きようじん)な膜。いわゆる白眼(しろめ)は強膜の一部である。直径約24mmの球状で,前方は角膜に連なり,後方は外側強膜が視神経鞘に連なる。…

※「白眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白眼の関連キーワードジャズ・ロック[jazz rock]ハロルド・E. エジャトンキイロショウジョウバエホモ・ルーデンスアルムクウィスト顔面神経麻痺白い目で見る十文字遺伝永瀬 三吾倉石武四郎結膜下出血対立形質正岡芸陽永瀬三吾広岡宗瑞北条団水大湾朝功伴性遺伝本間 久白眼居士

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白眼の関連情報