コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金崎宮 かねがさきぐう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金崎宮
かねがさきぐう

福井県敦賀市に鎮座。元官幣中社。祭神後醍醐天皇皇子尊良親王恒良親王。例祭5月6日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

金崎宮【かねがさきぐう】

福井県敦賀市金ヶ崎町に鎮座。旧官幣中社。尊良(たかよし)親王・恒良(つねよし)親王(ともに後醍醐天皇の皇子)をまつる。新田義貞とともに,気比氏の金崎城によって足利尊氏の軍と戦い,尊良親王はここで自刃,恒良親王は捕らえられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かねがさきぐう【金崎宮】

福井県敦賀市の南北朝時代の史跡金崎城址に建てられた神社。旧官幣中社。後醍醐天皇の第1皇子尊良(たかよし)親王と第6皇子恒良(つねよし)親王をまつる。新田義貞に奉ぜられた両親王は,1337年(延元2∥建武4),金崎城によって足利方と戦って敗れ,尊良親王は自害,城を逃れた恒良親王も翌年京都で毒死した。1890年,尊良親王をまつる神社の創建が決せられた。92年恒良親王を合祀。翌年勅使が下って鎮座祭が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かねがさきぐう【金崎宮】

福井県敦賀市金崎城跡にある神社。祭神は後醍醐天皇の皇子、尊良たかよし・恒良つねよし両親王。1890年(明治23)創建。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金崎宮
かねがさきぐう

福井県敦賀(つるが)市金ヶ崎町に鎮座。祭神は後醍醐(ごだいご)天皇の皇子尊良(たかなが)親王、恒良(つねなが)親王。足利尊氏(あしかがたかうじ)が背くや、両親王は1336年(延元1・建武3)北陸で義兵をあげ金崎城に拠(よ)ったが、城は落ち、尊良親王は自害、恒良親王も捕らえられ、のち毒殺された。金崎城址(し)に1890年(明治23)尊良親王奉斎の神社が創建され、2年後に恒良親王を合祀(ごうし)した。旧官幣中社。摂社絹掛(きぬがけ)神社は1897年創建で、新田義顕(にったよしあき)、気比氏治(けひうじはる)をはじめ従軍将士を祀(まつ)る。例祭は5月6日。また、両親王御命日祭(3月6日、4月13日)のほか、花換祭(はなかえまつり)(4月上旬)、御船遊管絃祭(おふなあそびかんげんさい)(10月20日)など、特殊神事がある。[平泉隆房]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金崎宮の関連キーワード福井県敦賀市金ケ崎町福井県敦賀市金ヶ崎城跡敦賀(市)管絃祭敦賀湾

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金崎宮の関連情報