コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金正米吉 かねまさ よねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金正米吉 かねまさ-よねきち

1892-1963 大正-昭和時代の労働運動家。
明治25年12月8日生まれ。大正6年友愛会大阪連合会にはいり,11年大阪合同労働組合を創立。西尾末広らとともに右派指導者として活躍。戦後は日本労働組合総同盟副会長をへて,昭和27年会長に就任。23年から国家公安委員もつとめた。昭和38年11月28日死去。70歳。佐賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かねまさよねきち【金正米吉】

1892‐1963(明治25‐昭和38)
労働運動家。佐賀県生れ。小学校卒業後,炭鉱の機関火夫として各地で働く。その後大阪に移り,1917年友愛会大阪連合会に入会。25年の日本労働総同盟の第1次分裂に際しては,大阪連合会の幹部として左派排除に奔走し,以後も松岡駒吉らとともに一貫して右派社会民主主義の立場をとりつづけた。この間30年,大阪連合会会長に就任。敗戦と同時に西尾末広らと大阪地方の労働運動再建のよびかけを発表。46年,日本労働組合総同盟(総同盟)の設立に際し副会長に就任,後に松岡駒吉のあとを継いで会長(1952‐59)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

金正米吉の関連キーワード昭和時代8月8日