コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金武[町] きん

百科事典マイペディアの解説

金武[町]【きん】

沖縄島東岸のほぼ中央部,国頭(くにがみ)郡の町。田イモ,サトウキビ栽培,畜産などが主産業。米軍海兵隊のキャンプ・ハンセンがある。1996年日米首脳会談で米軍の実弾射撃訓練場の移転が基本合意された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きん【金武[町]】

沖縄県国頭(くにがみ)郡の町。沖縄島(本島)中部の東海岸にある。1980年町制。人口9911(1995)。脊梁山地から比較的平たんな隆起海食台緩傾斜をなし金武湾に迫る。1899年町出身の当山(とうやま)久三らによって沖縄初の海外移民が行われ,町民を中心にハワイへ移民を送り出したことで知られる。1960年ころまでは純農村であったが,現在,町面積の約60%はアメリカ軍基地(キャンプ・ハンセン)に占められ,基地に依存するサービス業中心の第3次産業が大きな比重を占めている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android