金武町(読み)きん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金武〔町〕
きん

沖縄県沖縄島中部東海岸にある町。1980年町制。町名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名による。うるま市に接し,大部分が石灰岩台地。西部に恩納岳(おんなだけ。363m)がある。太平洋岸の幹線道路に沿って屋嘉,伊芸,金武などの集落が立地する。山地の大半はアメリカ軍の演習地。町域の半分以上は広大なアメリカ軍基地キャンプ・ハンセンで,サービス業従事者や軍の雇用者も多い。農業はサトウキビパイナップル,チャ(茶),野菜などが生産される。金武地区にある観音寺は 400年前に日本本土から漂着した日秀上人開山の寺。境内の石灰洞鍾乳洞)は,第2次世界大戦時には防空壕となり多くの人命を救った。沖縄自動車道と国道329号線が通る。面積 37.84km2。人口 1万1232(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金武町の関連情報