コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金武町 きん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金武〔町〕
きん

沖縄県沖縄島中部東海岸にある町。1980年町制。町名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名による。うるま市に接し,大部分が石灰岩台地。西部に恩納岳(おんなだけ。363m)がある。太平洋岸の幹線道路に沿って屋嘉,伊芸,金武などの集落が立地する。山地の大半はアメリカ軍の演習地。町域の半分以上は広大なアメリカ軍基地キャンプ・ハンセンで,サービス業従事者や軍の雇用者も多い。農業はサトウキビパイナップル,チャ(茶),野菜などが生産される。金武地区にある観音寺は 400年前に日本本土から漂着した日秀上人開山の寺。境内の石灰洞鍾乳洞)は,第2次世界大戦時には防空壕となり多くの人命を救った。沖縄自動車道と国道329号線が通る。面積 37.84km2。人口 1万1232(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

金武町の関連キーワード沖縄県国頭郡金武町金武沖縄県国頭郡金武町屋嘉沖縄県国頭郡金武町伊芸ハイサイめんそーれうるま市の要覧うるま(市)沖縄県国頭郡金武町の要覧もうあそび金武(町)惣慶忠義恩納村南南西天座松藤島酒舞天

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金武町の関連情報