コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金谷丹前 かなやたんぜん

2件 の用語解説(金谷丹前の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かなやたんぜん【金谷丹前】

長唄,荻江節の曲名。1753年(宝暦3)の作と伝えられる。作詞作曲者未詳。二上りの甘い感傷気分の満ちた古風な曲。丹前とは伊達(だて)風俗を表した語で,丹前男が傾城(けいせい)のもとへ通う筋であるが,思う女を寝取られた男の淋しさ,迷いとほのかな嫉妬を含んだ曲である。初世荻江露友がこの曲の繊細な旋律にひかれ,自流に移し,今日では先行長唄より荻江節の代表曲となっている。地唄舞風のしっとりした振りがつけられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金谷丹前
かなやたんぜん

長唄(ながうた)、荻江節(おぎえぶし)の曲名で、歌舞伎(かぶき)舞踊の一つ。長唄は、1753年(宝暦3)初演で、作詞者、作曲者とも不詳。現在は演奏されていない。荻江節では初世露友(ろゆう)が長唄から取り入れて以来、荻江の代表曲となっている。丹前姿の男が傾城(けいせい)のもとに通いくる道行と、女を寝取られた男の恨み言が歌詞の内容であるが、『古今和歌集』の大伴黒主(おおとものくろぬし)の和歌を冒頭に用いている。題名の金谷は、歌詞の「今は金谷も入相(いりあい)の」からきており、静岡県榛原(はいばら)郡の地名で、東海道五十三次の川越宿場をさすものと思われる。調弦は二上り。テンポの遅い、しんみりした曲である。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金谷丹前の関連キーワード荻江節紅葉狩短夜荻江荻江寿々荻江ひさ荻江露友(初代)荻江露友(3代)荻江露友(4代)荻江露友(5代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone