コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上臈 じょうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上臈
じょうろう

年功を積んだ位階の高い人をいい,下臈に対する。また上臈女房の略で,御匣殿 (みくしげどの) ,尚侍 (ないしのかみ) ,二位,三位の典侍 (すけ) ,禁色 (きんじき) を許された大臣の娘または孫娘をいう。また,明治2 (1869) ~4年におかれた宮中の女官。女房の次に位置した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


じょうろう

身分の高い男子や女子、地位の高い女官や御殿女中、あるいは遊女などをいう。また江戸幕府大奥女中の職名。上年寄(としより)(大(おお))と小上(小供(こども)。成人ののち上年寄に進む)の2種類があった。このうち一般に上というときは、上年寄をさした。格式は大奥を支配する年寄の上位にあったが、さほどの権力はもたなかった。日ごろ将軍や御台所(みだいどころ)(将軍正室)の側近に伺候し、膝回(ひざまわ)りの御用を勤め、茶の湯、いけ花、香合(こうあわせ)などの行事には相談役としてその指図にあたった。このほか御台所に凶事のあるときは、その身代りを務める定めであったという。数人が置かれ、いずれも公家(くげ)の女の任ずるところであった。飛鳥井(あすかい)、姉小路(あねがこうじ)、梅渓(うめたに)、正親町(おおぎまち)、錦小路(にしきこうじ)、万里小路(までのこうじ)などを通名(生家の苗字(みょうじ)ともいう)とした。[北原章男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上臈の関連情報