コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木友二 すずき ともじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木友二 すずき-ともじ

1912-1997 昭和-平成時代の薬学者,生化学者。
明治45年3月22日生まれ。昭和27年京大教授となり,生物薬品化学講座を創設。40年阪大蛋白質(たんぱくしつ)研究所教授・所長蛇毒による生体アミン分離代謝を研究。54年「キニン系の蛋白化学とその制御に関する研究」で学士院賞。平成9年1月4日死去。84歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木友二
すずきともじ
(1912―1997)

薬学者、生化学者。薬学博士。東京生まれ。1937年(昭和12)東京帝国大学薬学科卒業。京都大学薬学科助手となり生化学を研究。薬学を医学と交流させる構想の下に、生体アミンの分離と代謝に蛇毒の酵素を活用して新生面を開いた。助教授を経て1952年京都大学教授となり、生物薬品化学講座を創設、京都大学化学研究所教授を併任した。1961年「蛇毒の酵素化学的研究」で日本薬学会賞を受賞。1965年大阪大学蛋白(たんぱく)質研究所教授・所長となる。蛇毒によって血漿(けっしょう)タンパクから遊離するブラジキニン=活性ペプチドの研究を開発。1976年紫綬(しじゅ)褒章を受章。1979年「キニン系の蛋白化学とその制御に関する研究」により日本学士院賞を受賞。ドイツ、マインツ科学アカデミー会員。京都大学・大阪大学名誉教授。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鈴木友二の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門香港映画黒沢清ホンダ・インターナビASEAN飯島耕一MVRDVスペイン映画

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android