コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木義司 すずきよしじ

2件 の用語解説(鈴木義司の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木義司
すずきよしじ

[生]1928.9.26. 東京,東京
[没]2004.7.17. 東京,港
まんが家。1948年都立理工専門学校を卒業後,結核療養中に欧米のしゃれたひとコマまんがに触発され,まんが家を志す。雑誌に投稿を開始,1953年夕刊『フクニチ』に初連載。代表作は 1966年6月から 2004年7月まで『読売新聞』に 38年間連載した『サンワリ君』で,平凡なサラリーマンの低い視線から人々の日常をとらえた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木義司 すずき-よしじ

1928-2004 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和3年9月26日生まれ。結核療養中,漫画家をこころざす。雑誌への投稿で頭角をあらわし,28年から「夕刊フクニチ」に連載をはじめる。41年から「読売新聞」に「サンワリ君」を連載し,1万1240回をかぞえた。平成14年日本漫画家協会賞大賞。「漫画集団」代表もつとめた。平成16年7月17日死去。75歳。東京出身。東京都立理工専門学校(現都立大)卒。他の作品に「キザッペ」「義司の週間絵日記」「ペエペエのペエスケ」など。エッセー集に「縮緬雑魚(ちりめんじゃこ)の散歩」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木義司の関連キーワード吉田文雀森毅大久保典夫加藤進古賀憲司鈴木鷹夫立間祥介角田達郎長岡毅山下和夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone