コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銑鋼一貫作業 せんこういっかんさぎょう integrated iron and steel works

2件 の用語解説(銑鋼一貫作業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銑鋼一貫作業
せんこういっかんさぎょう
integrated iron and steel works

鉄鋼の製造は通常,高炉を用いて鉄鉱石から銑鉄をつくる製銑工程,転炉によって銑鉄を精錬して鋼塊をつくる製鋼工程,鋼塊を圧延,加工して鋼材とする圧延工程に分けられるが,この3段階の作業を総合して行うことをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

銑鋼一貫作業【せんこういっかんさぎょう】

製銑・製鋼圧延の3段階の作業を同一製鉄所で一貫して行う近代的な鉄鋼生産方式。溶銑をそのまま製鋼炉に装入でき,高炉ガスコークス炉ガスを所内の各種熱源に利用できるなど,熱経済上の利益が大きいほか,運搬の合理化,統一的管理による品質向上とコスト低下などが図れる。
→関連項目製鉄鉄鋼業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

銑鋼一貫作業の関連キーワード仲介段階の排除製銑プランニング製鉄農作業作業道製鉄・製鋼神戸製鋼加古川製鉄所製鋼法製銑法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone