銭両替(読み)ぜにりょうがえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸時代,売買主体とした資本の少い両替商銭屋ともいう。巨大な資本力をもつ本両替と異なり,米やその他の商品販売を兼ねて,その溜銭をもって銭の両替を行い手数料を獲得していた。江戸大坂に仲間組織が結成され,幕府から株仲間として公認された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸時代,金銀貨を銭に交換して手数料を得た両替商。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の銭両替の言及

【両替】より

…のちに福岡,土佐などの諸藩で銭貨鋳造の公許をみたとはいえ,通用はほぼ領内にとどまった。江戸時代にはこのような貨幣流通があったので,諸藩城下町,門前町,市場町,および大坂,京都,江戸などの封建都市(幕末には開港地,農漁村も含む)では固有の意味での金銭両替が広範に行われた。だいたい地主,商人,豪農,寺社,網元などが多く担当した。…

※「銭両替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android