コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本両替 ほんりょうがえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本両替
ほんりょうがえ

江戸時代の両替商の一つ。主として金銀を取扱い,資本,信用の大きいものが多かった。大坂の本両替は金銀売買,貸付け,手形振出し,預金,両替などを行うほか,諸藩の掛屋蔵元を兼ねる者が多く,大名貸により藩財政の死命を制し巨富をたくわえた。その数は享保期 (1716~36) で三百数十軒,幕末には百数十軒ほどで,本両替仲間を組織し,仲間から選ばれた十人両替は全両替商を支配した。江戸の本両替は大坂に比べ数も少く,最盛時で 40軒,中期以降は銭屋 (→銭両替 ) の進出に押されて幕末には4~5軒に減少した。その業務も大坂のような金融機関的性格は弱く,公金取扱い,両替業務がおもだった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐りょうがえ〔‐リヤウがヘ〕【本両替】

江戸時代、主として金銀を取り扱った、信用・資力の大きな両替商

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

本両替【ほんりょうがえ】

江戸時代の金融業者。銭(ぜに)両替に対する語。金銀両替など本来の両替業務のほか,預金・貸出しなどを行った。富商が多く,金銀相場の調節や御用金の調達を行い,掛屋蔵元となって幕藩財政の上で重要な地位を占めた。
→関連項目大名貸両替商

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本両替
ほんりょうがえ

江戸時代、主として金銀を取り扱った信用・資力の大きな両替屋。小資本の銭見世(ぜにみせ)(銭両替)に対する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本両替の言及

【両替】より

…両替屋名称の公認はこの年のことである。大坂には幕府公金の出納・貸付けを担当した十人両替,本両替(仲間両替),銭売買のみを務めた銭両替(南両替,三郷銭屋仲間)がいた。3者の間には上下関係,取締り関係がある。…

※「本両替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本両替の関連キーワード三谷三九郎両替年代記江戸時代小野組加島屋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android