本両替(読み)ほんりょうがえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本両替
ほんりょうがえ

江戸時代の両替商の一つ。として金銀を取扱い,資本信用の大きいものが多かった。大坂の本両替は金銀売買,貸付け,手形振出し,預金,両替などを行うほか,諸藩の掛屋蔵元を兼ねる者が多く,大名貸により藩財政の死命を制し巨富をたくわえた。その数は享保期 (1716~36) で三百数十軒,幕末には百数十軒ほどで,本両替仲間を組織し,仲間から選ばれた十人両替は全両替商を支配した。江戸の本両替は大坂に比べ数も少く,最盛時で 40軒,中期以降は銭屋 (→銭両替 ) の進出に押されて幕末には4~5軒に減少した。その業務も大坂のような金融機関的性格は弱く,公金取扱い,両替業務がおもだった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

本両替【ほんりょうがえ】

江戸時代の金融業者。銭(ぜに)両替に対する語。金銀両替など本来の両替業務のほか,預金・貸出しなどを行った。富商が多く,金銀相場の調節や御用金の調達を行い,掛屋蔵元となって幕藩財政の上で重要な地位を占めた。
→関連項目大名貸両替商

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本両替
ほんりょうがえ

江戸時代、主として金銀を取り扱った信用・資力の大きな両替屋。小資本の銭見世(ぜにみせ)(銭両替)に対する。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐りょうがえ ‥リャウがへ【本両替】

〘名〙 江戸時代、主として金銀を取り扱った、信用・資力の大きな両替屋。その業務はしだいに拡張し、預金の受け入れ、金銀の貸付、手形・小切手の振出、為替の取り組みなどにおよび、現在の銀行業務とほとんど同じとなった。また、臨時に新旧金銀の引替、金銀市価の調節、米価調節のための米買上、幕府・諸侯の財政の繰り回しなども行なった。本仲間両替。本仲間。〔富之礎(1911)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

本両替
ほんりょうがえ

江戸時代,金銀の取扱いを主とした両替商
金銀の両替のほか預金・貸付け・為替・手形発行などを行った。大坂では十人両替のもと120軒の本両替があり,江戸・京都でも発達した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の本両替の言及

【両替】より

…両替屋名称の公認はこの年のことである。大坂には幕府公金の出納・貸付けを担当した十人両替,本両替(仲間両替),銭売買のみを務めた銭両替(南両替,三郷銭屋仲間)がいた。3者の間には上下関係,取締り関係がある。…

※「本両替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報