コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋越峠 なべこしとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍋越峠
なべこしとうげ

鍋越越えともいう。宮城県山形県の境にある峠。標高 514m。中羽前街道 (国道 347号線) が奥羽山脈を横断する地点に位置する。江戸時代には最上川の河港大石田から宮城県の大崎平野への重要な交通路であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋越峠
なべこしとうげ

山形県尾花沢(おばなざわ)市と宮城県加美(かみ)郡加美町の県境にある奥羽山脈越えの峠。標高517メートル。古代から陸奥(むつ)と出羽(でわ)を結ぶ主要な交通路で、母袋(もたい)街道が通っていた。1892年(明治25)改修され馬車通行が可能になったが、国鉄(現JR)陸羽東線の開通で廃れた。現在は国道347号が通るが、冬季は積雪のため不通となる。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鍋越峠の関連キーワード小野田(宮城県)加美(町)小野田鳴瀬川中川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍋越峠の関連情報