コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎧潟 よろいがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎧潟
よろいがた

新潟県中部,新潟平野の中西部にあったかつての。面積約 9km2新潟市の南西部に位置し,西蒲区に属する。文政年間 (1818~30) 長岡藩により干拓が始められ,明治末期までに半分が耕地となった。第2次世界大戦後には国営事業が行なわれ,1967年全面干拓された。これにより 240haの農地が造成され,周辺では広範囲にわたり排水工事が実施された。大圃場耕地整理が進み,県農業教育センターが設置され,大規模機械化農業のモデル地区になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よろいがた【鎧潟】

新潟県中部,西蒲原郡にあった潟湖信濃川下流の派川である中ノ口川と西川にはさまれた低湿地にあたり,新潟砂丘の内側に形成された潟湖が信濃川による埋積から取り残されて形成された。潟の上流の上郷の排水池,下流の下郷の用水池として利用された。面積は近世初期には6km2ほどであったが,流入する飛落川,大通川などによる埋積や沿岸の干拓により縮小し,とくに1818年(文政1)の新川(排水河川)の開削により著しく縮小した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鎧潟の関連キーワード西川(旧町名)潟東〈村〉西川[町]鎧潟干拓地潟東[村]越後平野潟東内野

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android