コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西蒲区 にしかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西蒲〔区〕
にしかん

新潟県中部,新潟市南西部の区。新潟平野の中央部に位置し,日本海に面する沿岸部には砂丘が発達している。 2007年新潟市の政令指定都市化に伴い区制。旧岩室村,潟東村の全域および西川町,中之口村,町の大部分などからなる。米の主産地。中ノ口川自然堤防上ではモモ,ブドウ,ナシなどの果樹園芸,砂丘地帯ではスイカメロンダイコンなどの畑作が行なわれる。弥彦山の北東麓に霊雁の湯といわれる岩室温泉があり,国民保養温泉地に指定。種月寺本堂は国指定重要文化財角田山東麓の金仙寺境内には前方後円墳菖蒲塚古墳があり,国の史跡に指定されている。海岸には角田浜,間瀬などの海水浴場があり,一帯は佐渡弥彦米山国定公園に属する。 JR越後線,国道 116号線,402号線,460号線が通り,北陸自動車道インターチェンジがある。面積 176.55km2。人口 5万8218(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にしかん‐く【西蒲区】

西蒲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

西蒲区の関連情報