鑑みる(読み)カガミル

デジタル大辞泉「鑑みる」の解説

かが・みる【鑑みる】

[動マ上一]《「かがみ」の動詞化》「かんがみる」に同じ。
「たとひ四部の書を―・みて、百療に長ずといふとも」〈平家・三〉

かんが・みる【鑑みる/×鑒みる】

[動マ上一][文][マ上一]《「かがみる」の音変化》過去手本などに照らして考える。「時局に―・みて決定する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android